男性スタッフ

蓄電池で備えあれば憂いなし│電力節約に便利なシステム

家を長持ちさせるメンテ

塗装

家はメンテナンスをすることで長持ちします。特に必要なのが外壁塗装です。新築から10年前には外壁塗装をやる必要があります。東京のような住宅密集地では車の排気ガスなどで外壁の傷みも激しいので、定期的に塗り替えた方がいいのです。外壁塗装により家のイメージを一新できますし、雨漏りの防止になります。

Read

定期的な修理が肝心

屋根

屋根材は、雨水による湿気や日光による乾燥で割れてしまいます。放置していると、その下の防水シートやコンパネの状態が悪くなり、雨漏りが生じますし、大掛かりな修理工事をおこなうことになります。しかし定期的に屋根材の亀裂をシリコンで塞いだり、塗料でコーティングしたりすると、雨漏りしにくくなります。

Read

良い業者の選び方とは

ハケ

大和市でも外壁塗装業者へ見積書等を依頼する際に一括の見積りをしてくれるサイトを利用する方も多くなりました。安いからと直ぐには依頼せず、実際に家を観て貰い報告書と見積書を再度提出して貰えるかを業者へ確認するような業者選びをしましょう。

Read

万一の時に備えるシステム

男性

停電時に家電製品を使える

家を建てる時に蓄電池システムを導入する家庭が増えています。その理由は2つのメリットがあるからです。経済的な効果ともしもの時の備えができることです。太陽光発電と組み合わせれば電気料金を節約することができます。また災害時や停電時に蓄電池があれば冷蔵庫や照明器具やテレビなどを使用できます。注意点としては導入コストがかかるという点です。工夫としては新築時に家の建設費用に含む形で蓄電池システムを導入してしまう方法です。途中から導入するよりもコストを意識しないで済みます。また現状では自然エネルギーを導入する環境が整っていないのでコストも高いですが、将来的に導入が進めばコストは下がってくるはずです。また最近はコストパフォーマンスのよい製品が開発されているので、蓄電池を導入する家庭は増えていきます。

太陽光発電との組み合わせ

蓄電池システムが人気なのは万一の備えができるという点です。最近は環境や天候異変によって災害が増えているので、それに対する備えが課題となっています。蓄電池システムが導入されていれば安心感があります。また太陽光発電と組み合わせることで発電量を増やし、電力を売ることで利益が得られるのも人気の理由です。太陽光発電と組み合わせることで、夜の時間帯だけ蓄電池を使うといった使い方もできます。最近では太陽光発電と蓄電池用のパワーコンディショナーが一体化している製品があるので、省スペースで設置できるようになっています。交換効率が良いので売電量も増えて経済効果もより上がります。蓄電池の中には停電した時に使える家電製品をあらかじめ登録できるものもあるので、非常に便利になっています。